bran-travel

時間があるときに、旅行の記録として飛行機、ホテル、街の紹介をしたいと思います。

ニュージーランド航空 プレミアムエコノミークラス搭乗記 NZ124便 メルボルン⇒オークランド

 

はじめに

ニュージーランド航空、124便のプレミアムエコノミークラスをメルボルンからオークランドまで利用しましたが、評価の高い理由が理解できました。まず、日本の航空会社では実現できないぐらいにキャビンデザインがお洒落で、CAの方々がフレンドリーで機内サービスが素敵でした。メルボルン⇒オークランドという3時間半程度の短い距離の国際線での利用でしたが、その良さを存分に楽しむことが出来ました。ニュージーランド航空、おそるべしです。

片道航空券でNZ行きの航空券を買うときは注意を

今回利用したニュージーランド航空のNZ124便はB777-300ERで運航されており、プレミアムエコノミークラスを含む3クラス編成です。フライトスケジュールはメルボルンを11:10に出発しオークランドに17:45に到着するフライトです。メルボルン空港でのチェックインはチェックイン機で行うようですが、今回はプレミアムエコノミーを利用したので、有人カウンターでチェックインが出来ました。ちなみに、ニュージーランドに入国する際は必ず帰りの航空券がないと、入国が出来ないそうです。今回、メルボルン⇒オークランドの片道航空券を購入したので、チェックインの際に帰りの航空券があるか確認をされました。ニュージーランドに入国する際は色々と厳しいんですね。いい勉強になりました。

オールブラックスの黒塗装のB777-300ER

さて、チェックインと出国手続きを済ませ、搭乗ゲートに向かいました。オーストラリアとニュージーランドを行き来する人が多く、便数も多いのですが、NZ124便も満席のようで、搭乗ゲート付近は大混雑でした。今回の機材はB777-300ERでオールブラックスの黒塗装でした。通常は白がベースなので、特別塗装機だったのかもしれません。そういう意味でもラッキーでした。このデザインは相当カッコいいです。

ニュージーランド航空 NZ124 プレミアムエコノミー メルボルン オークランド

気になるプレミアムエコノミークラスをご紹介

それでは、搭乗時間になりましたので、機内に入りましょう。今回はニュージーランド航空のプレミアムエコノミークラスを選択しました。エコノミークラスの料金に8千円程追加料金を支払いました。人生初のプレミアムエコノミーでしたが、3時間半程度のフライトでしたら、ビジネスクラスの必要性は感じられませんでした。プレミアムエコノミークラスは想像以上にゆったりとして、快適でしたよ。シートはJALのClass Jに似ているシートでしたが、少しゆとりがあるように感じられました。

ニュージーランド航空 NZ124 プレミアムエコノミー メルボルン オークランド

各座席に液晶モニターが付いています。エコノミークラスと比較すると画面も大きいですし、日本語設定もありますので、快適に機内で過ごすことが出来ました。

ニュージーランド航空 NZ124 プレミアムエコノミー メルボルン オークランド

飛行時間が3時間半程度のフライトでしたが、しっかりとした機内食が出ました。パンとデザートと前菜のワンプレートになっており、前菜を食べ終わるとメイン料理を提供してくれます。メイン料理の写真を撮っていないですが、ビーフを選択しました。機内食は美味しかったです。

ニュージーランド航空 NZ124 プレミアムエコノミー メルボルン オークランド 機内食

機内食を食べ、映画を鑑賞するとすぐにオークランドに着陸しました。もう少しプレミアムエコノミークラスを満喫したかったです。

まとめ 

ニュージーランド航空を利用したのは初めてでしたが、質の高い航空会社だと実感しました。プレミアムエコノミークラスもとても快適で、長距離区間でも一度試したいと思いました。メルボルン⇒オークランドは様々な航空会社が様々な種類の機材で運航していますが、ニュージーランド航空のB777-300ERで運航しているNZ124便は乗り得感の高い便だと思います。CAの方のサービスもとても良かったです。