bran-travel

時間があるときに、旅行の記録として飛行機、ホテル、街の紹介をしたいと思います。

JAL/日本航空 搭乗レビュー JL2050便 福岡空港⇒大阪国際空港 

概要

JAL/日本航空のJL2050便を福岡空港から伊丹空港まで利用しました。約15年ぶりにJALの国内線を利用しましたが、想像以上に良かったです。普段はANAで飛ぶ事が多いのですが、現状だと国内線はJALのほうが優れていると感じました。JALは国内線の幹線にA350-900等を投入しており、JALのほうが勢いがありそうですね。ANAにも頑張ってほしいですが、時々JALに浮気をしてしまいそうです。今回のフライトはJALの良さを再発見できました。

機体・機内の様子

今回はJALの伊丹空港行きの始発便であるJL2050便を利用しました。早朝の便は目的地に早く着くことが出来ますが、やはり朝が早いので少ししんどいですね。写真を撮ったのが6:44って・・・。

日本航空 JAL JL2050便

それでは搭乗時間になりましたので、機内に入りましょう。今回利用したJALのJL2050便の機材はB737-800です。久しぶりのJALでしたので、機内がどうなっているのか興味津々でした。

日本航空 JAL JL2050便 B737-800

今回利用した座席は26Kです。JALの座席はレザーシートで、高級感があります。ANAの座席と比較しても優れているように感じます。これはポイント高しです。

日本航空 JAL JL2050便 B737-800

座席の写真をもう1枚撮りました。レザーシートだとメンテナンスも簡単ですし、高級感も演出できて、良いことばかりですね。

日本航空 JAL JL2050便 B737-800

シートピッチはANAと同じぐらいです。狭くもなく、1時間程度のフライトでしたら快適に過ごすことができます。国内線だとやはりスターフライヤーのシートピッチが一番広いです。

日本航空 JAL JL2050便 B737-800

シートピッチの写真をもう1枚撮りました。

日本航空 JAL JL2050便 B737-800

福岡空港で隣に駐機していた機体がJALのA350-900でした。次回はJALのA350-900にも乗りたいですね。

日本航空 JAL JL2050便 B737-800

早朝便の良さは、定刻通りに離陸することが出来ることです。福岡空港は離発着の飛行機が多いので、遅れることも多々ありますが、この時間帯は基本的に定刻通りに出発できることが多いです。

日本航空 JAL JL2050便 B737-800

伊丹空港までの飛行時間は約1時間です。正直、大阪まででしたら新幹線のほうが速くて快適ですが、今回利用した便は満席で飛行機の需要も一定はあるんだと納得しました。ということで、定刻に伊丹空港に着陸しました。

日本航空 JAL JL2050便 B737-800

まとめ

約15年ぶりにJALを利用しましたが、国内線に関してはANAと比較しても力を入れているように感じました。マイルを貯めている関係でANAを利用することが今後も多いですが、今後は少しづつJALやワンワールドを利用する機会を増やしていこうかと思います。久しぶりにJALを利用したら、想像以上に良かったです。ANAにももっとがんばってほしいです☆