bran-travel

時間があるときに、旅行の記録として飛行機、ホテル、街の紹介をしたいと思います。

スカイマーク 搭乗レビュー BC382便/SKY382便 奄美空港⇒鹿児島空港 

はじめに

 スカイマーク、BC382便/SKY382便を奄美空港から鹿児島空港まで利用しました。復路は往路と違い、特別塗装機ではないと思っていましたが、まさかの2度目のタカガールジェットでした。特別塗装機のフライトを経験する機会はあまりないので、旅の締めくくりも素敵な思い出となりました。

スカイマークは定時運航率No.1ということもあり、僕が利用するフライトで遅れたことがありません。時刻表に余裕を持って運航しているのかもしれませんが、本当に安心して利用できる航空会社です。スカイマークはANAやJALと比較してもとても優れている部分も多いです。今回も「いま得」を利用して¥5,300でした。

まさかの2度目のタカガールジェット☆

搭乗時間の2時間程前に奄美空港に着いて向かった先は展望デッキです。最近、空港に行く時は必ず展望デッキに寄ることにしています。展望デッキからの眺めは飛行機好きには最高ですからね。

と、飛行機を眺めていたら、今回利用するスカイマークのBC382/SKY382便のB737-800が駐機していました。あれ・・・。よく見るとタカガールジェットじゃないですか!?ということで、何と2度目のタカガールジェットです。

スカイマーク BC382便 SKY382便 タカガールジェット

搭乗時間も近づいてきたので、搭乗ゲートに向かいました。

スカイマーク BC382便 SKY382便 タカガールジェット

 それでは搭乗時間になりましたので、機内に入りましょう。

スカイマーク BC382便 SKY382便 タカガールジェット

前方ドアの横にタカガールのステッカーが乗客を元気に迎えてくれます。

スカイマーク BC382便 SKY382便 タカガールジェット

機内に入ると、BC381便/SKY381便と同様にソフトバンクホークスの応援歌が流れており、paypayドームの中にいるようでした(笑)シートはベージュのレザーシートで、機内が明るくて優しい雰囲気です。シートカバーはタカガールジェット仕様で、ピンクが効果的に配色されています。

スカイマーク BC382便 SKY382便 タカガールジェット

今回の座席は17Hを選択したのですが、飛行機からの景色を楽しみたいのであれば、機内前方か後方のどちらかにした方が良いです。主翼と窓からの景色を一緒に写真を撮りたい場合は17Hをオススメしますが。 

スカイマーク BC382便 SKY382便 タカガールジェット

機内は3列×3列の座席配列となっており、B737-800の標準的なレイアウトです。

スカイマーク BC382便 SKY382便 タカガールジェット

シートピッチはこのような感じです。国内線だと一般的な広さです。コンセントの位置を分かりやすく表示している点は嬉しいですが、今まだに使用したことがないです。

スカイマーク BC382便 SKY382便 タカガールジェット

少し空席がありましたが、多くの座席が埋まっていたので、スカイマークの奄美大島路線は好調に推移しているようですね。ということで、スカイマーク、BC382便/SKY382便は定刻に奄美空港を出発しました。

スカイマーク BC382便 SKY382便 タカガールジェット

離島から離陸するってなんだか感傷的になりますね。また、戻ってきますね、奄美大島。

スカイマーク BC382便 SKY382便 タカガールジェット

シートベルトサインが消えると、ネスレのスカイマークオリジナルパッケージのキットカットが無料で配られました。今回のデザインは沖縄でした。

スカイマーク BC382便 SKY382便 タカガールジェット

着陸態勢に入ると、進行方向向かって右側に桜島が見えてきました。

スカイマーク BC382便 SKY382便 タカガールジェット

飛行機の窓から桜島の景色を楽しんでいると、すぐに鹿児島空港に定刻に到着しました。お!隣には香港エクスプレスだ!

スカイマーク BC382便 SKY382便 タカガールジェット

まとめ

 スカイマーク、BC382便/SKY382便を奄美空港から鹿児島空港まで利用しましたが、搭乗率も良く、多くの旅行客に認知されていると実感しました。定時運航率No.1とリーズナブルな運賃を武器にこれからも鹿児島と奄美大島を結ぶ路線として、今後も活躍してほしいです。

 

鹿児島空港から奄美空港まで利用したスカイマーク、BC381便/SKY381便の搭乗レビューです。

www.bran-travel.com

 

鹿児島空港南から高速基山まで利用した西鉄バス、「桜島号」の乗車記です。

www.bran-travel.com