bran-travel

時間があるときに、旅行の記録として飛行機、ホテル、街の紹介をしたいと思います。

JR九州 特急ソニック44号 JR別府駅⇒JR博多駅 グリーン車 乗車記

JR別府駅からJR博多駅まで利用したJR九州が運行する特急ソニック44号のグリーン車の乗車記です。 今回はJR九州自慢の885系、通称「白いソニック」のグリーン車をJR博多駅まで貸切で楽しむことが出来ました。特急ソニックは883系で運行される「青いソニック」と885系で運行される「白いソニック」の2種類ありますが、皆様はどちらが好きですか?

リニューアルされたJR別府駅

JR別府駅はリニューアルされており、とてもきれいな駅舎です。改札の前にはシアトルズベストコーヒーが出来ており、乗車前にコーヒーやスイーツを買うことが出来ます。

JR別府駅

JR別府駅とJR博多駅を結ぶ特急として有名なのは特急ソニックですが、特急ゆふは久大本線を経由して結んでいます。

JR九州 特急ゆふ

885系で運行される白いソニック

乗車する特急ソニック44号が入線しました。JR九州の車両のデザインを数多く手掛ける水戸岡鋭治氏により設計された車両です。ドイツのICE3のデザインに似ていますが、水戸岡氏がICE3のデザイナーから承諾を得たようです。

JR九州 特急ソニック44号 グリーン車 885系

車内に入りましょう。グリーン車の入口はプライベート感があります。

JR九州 特急ソニック44号 グリーン車 885系

今回利用した座席は1Aです。885系のグリーン車は883系と同様に1列+2列のシート配列です。レザーシートが特長的で、座り心地も良かったです。完全にヨーロッパの鉄道を意識していますね。

JR九州 特急ソニック44号 グリーン車 885系

2人掛けの座席はこのような感じです。ある程度独立しているので、隣席が空席でなくても、快適に過ごせます。

JR九州 特急ソニック44号 グリーン車 885系

シートピッチはかなり広く、さすがグリーン車です。

JR九州 特急ソニック44号 グリーン車 885系

各座席にはテーブルと窓側の座席にはコンセントが付いています。テーブルは少し小さいです。

JR九州 特急ソニック44号 グリーン車 885系

885系の読書灯はヨーロッパの街の街灯のようでお洒落です。

JR九州 特急ソニック44号 グリーン車 885系

グリーン車全体の写真です。ヨーロッパの高速列車のようです。インテリアデザインとしても素晴らしく、白いソニックのグリーン車で鉄道旅をする価値があります。

JR九州 特急ソニック44号 グリーン車 885系

885系で運行される「白いソニック」の車内設備も少しだけ紹介します。トイレは少し狭い印象ですが、清潔できれいでした。

JR九州 特急ソニック44号 グリーン車 885系

洗面所です。

JR九州 特急ソニック44号 グリーン車 885系

コモンスペースです。電話をする際にはこちらを利用しましょう。

JR九州 特急ソニック44号 グリーン車 885系

JR別府駅から乗車後、車掌さんから「エアコンの温度を変更できますが、寒くないですか?」と聞かれましたが、飛行機のビジネスクラスの様なサービスにびっくりしました。特急ソニックは振り子式の電車なので、かなり揺れますが、貸切だったこともあり、JR博多駅までグリーン車の旅を満喫することが出来ました。

まとめ

JR九州の特急ソニックは883系と885系の2種類ありますが、車両の完成度、座席の快適性、インテリアデザインを総合して考えると、885系で運行される「白いソニック」を個人的にはオススメします。

JR九州のグリーン車はネットで予約すると安く、今回は九州ネット早得3で切符を¥4,050で購入しました。指定席だと¥2,550です。¥1,500だけの差額でグリーン車の旅を満喫できるなら、とてもリーズナブルだと思います。

 

博多バスターミナルから別府自衛隊前まで利用した西鉄高速バス、「とよのくに号」の乗車記です。

www.bran-travel.com

大分で宿泊したホテル日航大分オアシスタワーの宿泊記です。

www.bran-travel.com

JR九州が運行する883系の「特急ソニック11号」、グリーン車の乗車記です。

www.bran-travel.com