bran-travel

ホテルの宿泊記、飛行機の搭乗記、高速バスや鉄道の乗車記等をご紹介

【愛車紹介】ホンダ シビックタイプRユーロ

ブログの中の人の愛車はホンダのシビックタイプRユーロです。一目惚れして10年以上経って購入したシビックタイプRユーロの魅力や日本に導入されるまでの思いについて細々と書きます。

2台の「シビックコンセプト」

2005年のジュネーブモーターショーで近未来的なデザインの「シビックコンセプト」が発表されました。ヨーロッパでは7代目シビックの評判が実用性以外に芳しくなかったため、8代目シビックは魅力的なデザインでプレミアムコンパクトのCセグメントに挑戦することにしました。初めて「シビックコンセプト」を見たときの衝撃は・・。

そして、2006年のジュネーブモーターショーでイエローのカラーを身に纏い「シビックタイプRコンセプト」が発表されました。200PS発生する2リットルのDOHCエンジンを搭載し、よりスポーティーでアグレッシブにデザインされた「シビックタイプRコンセプト」に一目惚れ。

日本に導入されない!?

シビック=ハッチバックでしたので、8代目シビックもハッチバックがあると思っていましたが、フィットが大人気でハッチバックの市場は日本にないと判断され、8代目シビックはセダンのみ展開されました。当時の社長が「自信のあるセダンだけで勝負できる」という趣旨の発言をされていましたが、判断を誤ったと思います。なぜなら、その後に国産他社からプレミアムハッチバックのモデルが発表されたからです。そして10代目シビックでハッチバックを再投入してますし。8代目シビックのハッチバックは市場に与えるインパクトも凄かったはず・・。 

シビックタイプRユーロを限定導入

8代目シビックのハッチバックの日本導入を諦めかけていた2009年にヨーロッパで販売されていた「シビックタイプR」を台数限定で「シビックタイプRユーロ」として発売することが決定しました。2009年に2,010台、2010年に1,500台の合計3,510台が販売されました。もう歓喜の瞬間でしたね。

シビックタイプRユーロのスペック

シビックタイプRユーロの簡単なスペックを紹介します。シビックタイプRユーロのエンジンは最高で、アクセルを踏めば踏むほど、スピードが出ます。

・全長/全幅/全高:4,270m/1,785m/1,445m

・ホイールベース:2,635m

・車両重量:1,320kg

・乗車定員:4名

・エンジン形式:KA20A

・最大出力:201PS/7,800rpm

・最大トルク:193N・m/5,600rpm

 出典:ホンダ公式サイトより引用

My シビックタイプRユーロ

シビックタイプRユーロ

ブログの中の人のシビックタイプRユーロは2009年式です。カラーはチャンピオンシップホワイトです。2018年にホンダの認定中古車「U-Select」で購入。走行距離が36,000キロで169万円ほどで、車検は「U-Select」で12万円ほどでした。現在、走行距離が63,000キロで、燃費はメータ表示で13.5km/Lぐらいです。

シビックタイプRユーロ

エクステリア

シビックタイプRユーロのデザインは近未来的でアグレッシブです。モデルが誕生して10年以上経過していますが、今でもスタイリッシュです。エモーショナルで塊感のあるデザインはまさに「ホットハッチ」ですね。

シビックタイプRユーロ

シビックタイプRユーロ

シビックタイプRユーロ

シビックタイプRユーロ

シビックタイプRユーロ

タイヤはミシュランのパイロットスポーツ4に交換しました。

シビックタイプRユーロ

インテリア 

シビックタイプRユーロのインテリアも近未来的です。そしてダッシュボードの質が高くて、機能的だし、本当に使いやすく設計されています。奥行きを広く感じれる点も優れている理由です。そしてR Specシートは座り心地が最高に良くて、長時間運転しても疲れません。

シビックタイプRユーロ

シビックタイプRユーロ

シビックタイプRユーロ

シビックタイプRユーロ

実用性

シビックタイプRユーロはフィットと共通のプラットフォームを採用しているので、後部座席は広くて、荷物もたくさん積むことが出来ます。特に後部座席を倒すとトランクのスペースが広くて、とても実用的です。

シビックタイプRユーロ

シビックタイプRユーロ

シビックタイプRユーロ

まとめ

シビックタイプRユーロは最高の愛車です。デザイン、走行性能、実用性の全てが高い次元で実現されており、とても満足しています。唯一の悩みは毎日の走行距離が長いため、何万キロまで乗れるか心配しているぐらいです・・・。シビックタイプRユーロを所有することが出来て、本当に良かったです。

最後にシビックタイプRユーロの次に乗りたい車がない・・・。オーナーの方はどうしているのだろう?良ければ教えてください。