bran-travel

時間があるときに、旅行の記録として飛行機、ホテル、街の紹介をしたいと思います。

ホテル日航大分オアシスタワー 宿泊記

概要

ホテル日航大分オアシスタワーの宿泊記です。第一ホテル大分オアシスタワーとして開業し、その後大分全日空ホテルオアシスタワー、大分オアシスタワーホテルを経て、現在はホテル日航大分オアシスタワーとして営業しています。ホテル日航大分オアシスタワーは大分でも数少ないシティホテルだけあって、スタッフや客室の質、そしてサービスは洗練されており、格段に素晴らしかったです。宿泊料金も宿泊した日はビジネスホテル並みで、とてもリーズナブルでした。シティホテルの良さを再認識できた、そんなホテル日航大分オアシスタワーでした。

アクセス

ホテル日航大分オアシスタワーは大分駅から徒歩で約10分です。中央商店街を通って行くので、そこまで遠く感じませんが、大きな荷物がある場合は正直遠いです。一応、ホテルの目の前にバス停がありますが、旅行者には分かりづらいでしょう。ちなみに、ホテルの目の前には大分県立美術館、通称OPAMがあるので、建築や美術好きにはうってつけのロケーションです。

ホテル日航大分オアシスタワーの外観や共有部分はどんな感じ?

ホテル日航大分オアシスタワーの外観です。1998年に第一ホテル大分オアシスタワーとして開業した当初は目立つ建築だったのでしょう。20年以上経った現在でもシティホテルとしても立派な建築ですね。

ホテル日航大分オアシスタワー

ロビーです。シティホテルはロビーが豪華で、素敵なホテルに宿泊できるんだとワクワクします。宿泊日はクリスマスシーズンだったので、大きなクリスマスツリーも素敵でした。

ホテル日航大分オアシスタワー ロビー

メインエントランスです。ビジネスホテルだとこのようなエントランスはほぼないですね。

ホテル日航大分オアシスタワー

ホテルのメインエントランスは1階ですが、徒歩の場合は2階のエントランスが便利です。

ホテル日航大分オアシスタワー

続いて、宿泊フロアのエレベーターホールです。シティホテルですので、広い。でも、もう一基エレベーターが必要かと・・・。

ホテル日航大分オアシスタワー

客室へと続く廊下です。幅が広く感じるのは気のせいかな・・・。

ホテル日航大分オアシスタワー

モデレートダブルルームの紹介

今回はモデレートダブルルームという客室に宿泊しました。客室の広さは25.7㎡で、さすがシティホテルの広さでした。ビジネスホテルのコンパクトな客室も好きですが、やはりシティホテルは別格です。しかも、今回はモデレートシングルルームを予約していたのですが、無償でアップグレードをしていただきました。ホテル日航大分オアシスタワーのスタッフの皆様、ありがとうございました。

ホテル日航大分オアシスタワー モデレートダブルルーム

客室は洗練されており、さすがホテル日航と言った感じでした。客室設備に古さは少し感じましたが、きちんと更新もしておりポイント高かったです。もちろんベッドの寝心地も良かったです。

ホテル日航大分オアシスタワー モデレートダブルルーム

テレビは少し古く小さかったですが、YouTubeを観ることが出来ました。

ホテル日航大分オアシスタワー モデレートダブルルーム

個人的に嬉しかった設備がベッド周りに後付けされたコンセントです。

ホテル日航大分オアシスタワー モデレートダブルルーム

ミネラルウォーターのサービスもありました。

ホテル日航大分オアシスタワー モデレートダブルルーム

温かい飲み物もセルフサービスで。

ホテル日航大分オアシスタワー モデレートダブルルーム

客室からの眺めです。別府湾や高崎山を眺めることが出来ます。晴れていたら、きっときれいでしょう。

ホテル日航大分オアシスタワー モデレートダブルルーム

バスルーム

ホテル日航大分オアシスタワーのバスルームです。ビジネスホテルと違い、広いです。個人的にバスルームの広さは重要なので、これだけ余裕があると嬉しいです。

ホテル日航大分オアシスタワー モデレートダブルルーム

バスタブです。ゆっくりと浸かることが出来ました。

ホテル日航大分オアシスタワー モデレートダブルルーム

まとめ

ホテル日航大分オアシスタワーは全てがシティホテル品質でした。洗練されたサービスとフレンドリーなスタッフのおかげで快適に過ごすことが出来ました。大分駅から少し距離がありますが、宿泊料金もシティホテルとして考えればとても魅力的です。シティホテルに宿泊すると、ホテルの様々な良さを経験できるので、オススメです。ホテル日航大分オアシスタワーは大分での定宿にしたいと思えるほど素敵なホテルでした。