bran-travel

時間があるときに、旅行の記録として飛行機、ホテル、街の紹介をしたいと思います。

北欧最大級の水族館 ブループラネット訪問記

概要

久しぶりのコペンハーゲン旅行の忘備録です。コペンハーゲンにある北欧最大級の水族館であるザ・ブループラネットを訪れました。近未来的な建築でしたが、どこか親しみ感のある建築でした。それにしてもコペンハーゲンには素敵な建築が多く、にわか建築好きである僕にはぴったりの都市でした。

アクセス

ザ・ブループラネットへはコペンハーゲン中央駅から電車と地下鉄を乗り継いで約30分程でアクセス出来ます。コペンハーゲン中央駅からNørreport駅まで電車で移動し、M2系統のLufthavnen/Airport行きの地下鉄に乗り換え、Kastrup駅で降ります。最寄り駅からザ・ブループラネットまで徒歩で10分程です。ちなみにコペンハーゲン中央駅からのシャトルバスもあります。

Kastrup駅からザ・ブループラネットまでの道順を簡単に紹介しましょう。写真はKastrup駅です。地下鉄ですが、地上駅です。

コペンハーゲン 水族館 ザ・ブループラネット

Kastrup駅からザ・ブループラネットまでは基本的に一本道ですので、迷うことはないです。駅を出て迷ったら、写真に少し映っているレストランが目印です。

コペンハーゲン 水族館 ザ・ブループラネット

コペンハーゲンの郊外は安全で、街ブラには最高です。

コペンハーゲン 水族館 ザ・ブループラネット

一本道を歩いていると大きな交差点がありますので、直進しましょう。

コペンハーゲン 水族館 ザ・ブループラネット

交差点にはザ・ブループラネットの案内板もあります。この交差点からザ・ブループラネットへは2通りの行き方がありますが、今回はまっすぐ行きました。

コペンハーゲン 水族館 ザ・ブループラネット

交差点を渡るとザ・ブループラネットはもうすぐです。水族館を訪れるのは久しぶりでしたし、しかもコペンハーゲンで水族館を訪れるなんて想像もしていませんでした。

コペンハーゲン 水族館 ザ・ブループラネット

水族館の駐車場が見えてくると、ザ・ブループラネットに到着です。建築はかっこよすぎです。こういう建築を見るとワクワクします☆

コペンハーゲン 水族館 ザ・ブループラネット

ザ・ブループラネット

ということで、ザ・ブループラネットです。 何をイメージして建築したのかは分かりませんが、流線型をイメージしているような、近未来的な建築です。それにしても銀色の建築ってシャープな感じがして、とてもカッコいいです。

コペンハーゲン 水族館 ザ・ブループラネット

スロープを歩いていくとエントランスがあります。訪れた日は入場者が多く、入館までに15分程待ちました。 

コペンハーゲン 水族館 ザ・ブループラネット

それにしても近未来的でカッコイイです。晴れていたらもっと良かったのに・・・。どの角度から写真を撮るべきなのか、難しい建築だった気がします。

コペンハーゲン 水族館 ザ・ブループラネット

では、館内の様子を少しだけ紹介しましょう。巨大な水槽があり、大迫力で楽しむことが出来ます。

コペンハーゲン 水族館 ザ・ブループラネット

こういう通路も楽しいですよね。

コペンハーゲン 水族館 ザ・ブループラネット

館内は見どころ満載でした。

コペンハーゲン 水族館 ザ・ブループラネット

また、野外でくつろげるスペースもあり、コペンハーゲン国際空港の離発着も楽しむことが出来ます。

コペンハーゲン 水族館 ザ・ブループラネット

まとめ

コペンハーゲン中央駅からのアクセスも良く、北欧でも最大級の水族館であるザ・ブループラネットはシルバーの近未来的な建築がとにかくカッコいい建築でした。コペンハーゲン国際空港からもすぐなので、ぜひ訪れてほしい観光スポットです。それにしても圧倒的な存在感のある建築でした。次は晴れた日に訪れたいです。