bran-travel

時間があるときに、旅行の記録として飛行機、ホテル、街の紹介をしたいと思います。

コペンハーゲン空港 スカンジナビア航空 SASラウンジ訪問記

はじめに

コペンハーゲン空港にあるスカンジナビア航空のSASラウンジのレビューです。スカンジナビア航空の拠点空港であり、北欧のデザインを上手に取り入れた上品なラウンジです。北欧のデザインはシンプルで居心地の良い空間を創り出すことが本当に上手です。 SASラウンジも豪華ではないですが、全てが優しくデザインされており、何時間でも滞在したくなるようなラウンジでした。ちなみにラウンジでゆっくり休憩した後は、スカンジナビア航空の便をフランクフルトまで利用しました。

www.bran-travel.com

北欧デザインなコペンハーゲン空港

市内中心部から地下鉄でターミナル直結のコペンハーゲン空港に到着しました。コペンハーゲン空港はどちらかというとコンパクトな国際空港ですが、木のぬくもりと多くのガラスを活かした北欧デザインで、居心地の良い空間を表現した建築です。到着後は案内に従って進みましょう。

コペンハーゲン空港

コペンハーゲン空港の地下鉄の駅は地上駅(2階)となっており、チェックインカウンターは1階に位置しています。

コペンハーゲン空港

2階から1階のチェックインフロアの写真をパシャリ。

コペンハーゲン空港

エコノミークラスのチェックインは自分自身でチェックインマシンを利用するようになっていました。海外の空港だとちょっと不安ですね。僕はSAS PLUSで予約していたので、ビジネスクラスのチェックインカウンターで悠々とチェックインをしました。

コペンハーゲン空港

チェックインの後は、手荷物検査の優先レーンを利用し、保安検査を通過しました。検査場の前には北欧らしいメッセージが。さりげないお洒落・・・。

コペンハーゲン空港

優先レーンはとても分かりやすく、迷うこともないです。

コペンハーゲン空港

北欧の洗練さを演出しているSASラウンジ

優先レーンの保安検査場を通過すると、すぐにSASラウンジがあります。今回はSAS PLUSを利用したので、入室して左側にあるゲートにチケットのバーコードをスキャンし、ラウンジに入りました。

コペンハーゲン空港 SASラウンジ

ラウンジ内は北欧らしいインテリアデザインで、洗練されていました。この北欧テイストはやっぱり好きだな。

コペンハーゲン空港 SASラウンジ

コペンハーゲン空港 SASラウンジ

訪れた時間が10時半ぐらいでしたので、食事内容がちょうど切り替わるタイミングでした。この写真は朝食の内容です。

コペンハーゲン空港 SASラウンジ

朝食は正直種類も少ないと感じましたが、どうなのでしょう?

コペンハーゲン空港 SASラウンジ

朝食を食べていたら、ランチのメニューに切り替わったので、ランチも頂きました。ランチのほうがメニューも豊富になりました。

コペンハーゲン空港 SASラウンジ

スカンジナビア航空のSASラウンジは決して豪華ではないですが、北欧のセンスの良さを遺憾なく発揮したらうんでした。ただ、少し狭いかな・・・。ラウンジでまったりした後は、飛行機の出発が近づいたので、ゲートに向かったのでした。

コペンハーゲン空港

まとめ

コペンハーゲン空港にあるスカンジナビア航空のSASラウンジは洗練された北欧デザインのお洒落なラウンジでした。航空会社のラウンジって豪華さを求めがちですが、本来はSASラウンジのようなラウンジが居心地も良くて、過ごしやすいです。航空会社のラウンジは各会社によって雰囲気が違うから楽しいです。北欧が好きってのもあるけど、SASラウンジは北欧デザインを満喫出来る素敵な空間でした。