bran-travel

時間があるときに、旅行の記録として飛行機、ホテル、街の紹介をしたいと思います。

ANA搭乗レビュー NH432便 福岡⇒セントレア

概要

福岡からセントレアまでANAの始発便を利用しました。朝が早すぎてもう1本遅い便を利用したほうが楽でしたが、始発便の利点も感じることが出来ました。早朝便だと福岡空港が混雑しておらず、定刻に出発することが多いからです。今回利用した便も定刻に出発し、セントレアには到着予定時刻よりも早く到着しました。また、今回予約した座席が非常口座席で前席がなく、足元のスペースが広くて快適に過ごすことが出来ました。座席の位置によっても、快適さが違うことを学べたフライトでした。NH432便でセントレアまでとても快適に移動することが出来ました。

@福岡空港

福岡空港は現在リニューアル工事が行われていますが、3月28日に地下鉄アクセスホールが出来ました。リニューアル後、初めて利用したのですが、地下鉄の改札口から2階の保安検査場までのアクセスが大幅に改善されました。福岡空港がますます便利になりましたね。

福岡空港 地下鉄アクセスホール 福岡市営地下鉄 福岡空港駅

福岡空港では所々リニューアルされており、今回利用した搭乗ゲート付近も新しくなっていました。リニューアル前と比較すると、とても使いやすくなっており、多くのコンセントやUSBポートがありました。

福岡空港 搭乗ゲート コンセント USB

機内の紹介

それでは搭乗時間になりましたので、機内に入りましょう。今回利用したNH432便の機材はB737-700です。機内前方にはプレミアムクラスが8席ありました。個人的にANAで一番利用する機種がB737ですので、普段利用している便と機内の様子は同じでした。ANAということで、前代が青で統一されている点が特長です。

ANA 全日空 B737 NH432 福岡 セントレア シート 座席

今回利用した座席が非常口座席の12Kです。この座席の最大の特長は前に座席がないことです。このおかげで広大なレッグルームがあり、非常に快適に過ごすことができます。「勝手にファーストクラス」と名付けたくなるぐらいに快適でした。座席を指定できる際は、この座席をオススメします。

ANA 全日空 B737 NH432 福岡 セントレア シート 座席

ちなみにレッグルームはこのぐらいの広さがありました。プレミアムクラスと比較しても圧倒的に広かったです。あまりの広さにビックリしました。まさに「勝手にファーストクラス」です(笑い)

ANA 全日空 B737 NH432 福岡 セントレア シート 座席

ちなみに通常のレッグルームはこのような感じです。ANAの国内線のシートピットとしては平均的です。

ANA 全日空 B737 NH432 福岡 セントレア シート 座席

シートピッチの写真をもう1枚。ANAのシートピッチは本当に広くもなく、狭くもなくといった感じで、1時間半程度のフライトでしたら快適に過ごすことが出来ます。

ANA 全日空 B737 NH432 福岡 セントレア シート 座席

NH432便は定刻に出発し、到着予定時間よりも早く到着しました。飛行中は揺れることもなく、快適に過ごすことが出来ました。離陸してから着陸すまであっという間でした。早朝便は定刻通りに運航することが多いのか、便利な選択肢になりそうです。

まとめ

NH432便は快適でした。この快適さは「勝手にファーストクラス」と名付けた非常口座席のおかげです。身長が高いので、平均的なシートピッチだと少し狭く感じるのですが、今回は遠慮することなく足を伸ばすことが出来ました。また、早朝の便は定時運航をする確率が高いという新しい発見も出来ました。ANAのサービスはいつも心地よく、快適に移動することが出来ます。次回もスタフライヤーと天秤にかけながら、ANAの早朝便を利用するか検討したいと思います。「勝手にファーストクラス」は本当に快適でした。