bran-travel

時間があるときに、旅行の記録として飛行機、ホテル、街の紹介をしたいと思います。

ジェットスター 搭乗レビュー GK528便 福岡空港⇒成田空港

概要

ジェットスターのGK528便を福岡空港から成田空港まで利用しました。ジェットスターは福岡空港から成田空港まで一日最大9便運航しており、幹線としての機能を果たしています。今回利用したフライトは満席で、仕事で利用している方も多かったことが印象的でした。これは日本でもLCCがきちんと定着してきており、気軽に飛行機で旅行できる交通機関として認知されている証拠だと感じました。今回のフライトも快適で、ANAやJALとの違いは特に感じなかったです。

機体・機内の様子

搭乗時間になりましたので、機内に入りましょう。と言っても、ジェットスターはLCCなのでバスで飛行機まで行きました。それにしても早朝の便は、朝が早すぎてしんどいです。

ジェットスター GK528便

ボーディングブリッジからの搭乗と比較すると時間もかかるし、優先搭乗も意味がないですが、バスの移動中に普段見ることのできない所から飛行機を眺めれて楽しかったです。ということで、今回利用したジェットスターのGK528便の機材はA320-200です。

ジェットスター GK528便 A320

それでは機内に入りましょう。安全のしおりです。

ジェットスター GK528便

今回利用した座席は1Fです。ジェットスターでは足元の広い座席をオプションで選択することが出来ます。今回はアップフロントシートをオプションで購入しました。料金は¥750でした。最前列の座席を利用することは滅多にないですが、身長が180cmあるので、シートピッチの広さは意外に重要です。おかげでゆっくりと足を伸ばすことが出来ました。

ジェットスター GK528便 アップフロントシート 

アップフロントシートをオプションで購入したおかげで、シートピッチはかなり広かったです。JALやANAと比較しても間違いなく広いシートピッチです。オプション購入する価値がありますね。しかも優先搭乗が出来ますよ。まあ、バスで搭乗する場合はほとんど意味がないですが(笑)

ジェットスター GK528便 アップフロントシート 

シートピッチの写真をもう1枚撮りました。本当に広いです。ちなみにアップフロントシートで足元が広い座席は1列目のD,E,Fの座席のみです。その他のアップフロントシートのシートピッチは通常の座席と同じです。アップフロントシートの最大の特長は到着してから早く降りることが出来る、ということです。シートピッチの広い座席を指定したい場合はエクストラレッグルームをオプション購入しましょう。

ジェットスター GK528便 アップフロントシート 

ということで、足元も広く、フライトはとても快適でした。また遅れることもなく、定刻通りに成田空港に着陸しました。成田空港の第3ターミナルを初めて利用しましたが、さすがLCC専用ターミナルといった感じでした。個人的には使いやすかったら、それで満足です。

ジェットスター GK528便 成田空港第3ターミナル

まとめ

ジェットスターはJALやANAと比較すると圧倒的にリーズナブルに利用できるので、日程が合えば利用しているのですが、東京への移動手段としてはオススメ出来ると思います。今回は初めて座席をオプション購入しましたが、足元が格段に広くなり快適にフライトを楽しむことが出来ました。自分に必要だと思われるオプションは追加購入できる制度はまだまだ日本の航空会社では一般的ではないですが、これからはスタンダードになっていくのでしょう。そんなことを感じるフライトでした。