bran-travel

時間があるときに、旅行の記録として飛行機、ホテル、街の紹介をしたいと思います。

ANA搭乗レビュー NH248便 福岡空港⇒羽田空港

概要

2019年、夏旅の最初のフライトです。ANAのNH248便を福岡空港から羽田空港まで利用しました。久しぶりに国内線でB777を利用しましたが、大型機はやはり安定しており、B737やA320等の中型機と乗り心地が違うことを実感しました。また、国際線乗り継ぎでビジネスクラスを利用する際は福岡空港のプレミアムクラス専用カウンターでチェックインが可能で、ANA LOUNGEの利用も出来ました。搭乗するまでラウンジでゆっくりと過ごすことができ、機内後方で指定していた座席も想像以上に快適で、羽田空港までゆっくりと移動することが出来ました。それにしても、お盆期間に旅行することは大変ですね・・・。

ANA LOUNGE

お盆期間中でしたので早めに空港に行ったのですが、プレミアムクラス専用カウンターは混雑しておらず、チェックインをスムーズに終え、LOUNGEでゆっくりと過ごすことにしました。福岡空港のANA LOUNGEは2019年の2月にリニューアルオープンしたばかりなので、とてもきれいで気持ちよく過ごすことが出来ました。

全日空 ANA NH248 福岡空港 ANAラウンジ

ANA LOUNGEの最大の特長は大きな窓から飛行機を眺めることが出来る点です。飛行機を見るだけで、わくわくします。今回利用する東京オリンピック特別塗装機のHELLO 2020 JETの機体も駐機していました。

ANAラウンジ 福岡空港 HELLO 2020 JET

機内の様子

それでは搭乗時間になりましたので、機内に入りましょう。今回利用したNH248便の機材はB777-200です。ANAの国内線で大型機を使用している路線は限られており、また今回は東京オリンピックの特別塗装機を利用できて、ラッキーでした。

ANA 全日空 NH248便 福岡 羽田 B777-200

今回利用した座席は機内後方の42Kです。この座席は当たり席でした。ANAのB777-200の機内レイアウトは3列×4列×3列ですが、機内後方の数列は2列×4列×2列となっており、気分的にかなり楽です。今回はお盆期間中で満席だったので、そのありがたさを感じました。

ANA 全日空 NH248便

機内後方の2列の写真も撮りました。飛行機から降りる際には時間がかかりますが、個人的にはかなり快適だと思います。

ANA 全日空 NH248便

機内の雰囲気をもう1枚写真を撮りました。

ANA 全日空 NH248便

シートピッチはANAの国内線では標準的な仕様でした。特に不満を感じることもなく、快適に過ごすことが出来ました。

ANA 全日空 NH248便

今回はお盆期間中ということもあり満席でのフライトでしたが、指定した座席が想像以上に快適で、羽田空港までのフライト楽しむことが出来ました。大型機は飛行が安定していて、とても乗り心地が良かったです。台風が接近していたので、多少は揺れましたが(笑)この風景を見ると、もうすぐ羽田空港に着陸します。

ANA 全日空 NH248便 機内からの景色

まとめ

ANAの248便を福岡空港から羽田空港まで利用しましたが、久しぶりの大型機が乗り心地が安定しており、快適に移動することが出来ました。また、指定した座席が想像以上に快適で、今後は好んで指定したいと思えました。また、国際線乗り継ぎでビジネスクラスを利用する際はプレミアムクラス専用カウンターでチェックインができ、ANAのラウンジを使用できる等、色々勉強になりました。今後の参考になるフライトでした。飛行機を利用する際は使用する機材の種類やシートマップの重要性を今回学ぶことが出来ました。