bran-travel

時間があるときに、旅行の記録として飛行機、ホテル、街の紹介をしたいと思います。

西鉄高速バス 桜島号 乗車記 鹿児島空港南⇒高速基山

はじめに

西鉄の高速バス、「桜島号」の乗車記です。今回は鹿児島空港南から高速基山まで利用しました。福岡と鹿児島を4時間15分で結ぶ「桜島号」はお手軽な運賃が魅力的で、夜行便も含め運行本数が平日で1日21往復しており、気軽に利用できる点も強みです。

今回は西鉄バス運行便の「桜島号」を利用しましたが、シート等の車内設備がどうなっているのか、ご紹介したいと思います。

鹿児島空港から意外と近い鹿児島空港南

奄美空港から鹿児島空港に到着後、桜島号に乗車するために鹿児島空港南バス停に徒歩で移動しました。鹿児島空港から鹿児島空港南までは徒歩で10分程で、意外に近く鹿児島空港利用者には便利な高速バスのバス停でした。詳しくは別記事で書く予定です。

鹿児島空港南は高速道路上のバス停なので、飲食物が必要な場合は鹿児島空港か近くにあるセブンイレブンで買う必要があります。高速道路上のバス停から高速バスに乗車するって非日常な感じがして、良いですね。

桜島号 鹿児島空港南

西鉄バス運行便の「桜島号」

今回利用した西鉄バス、「桜島号」は定刻から10分程遅れて鹿児島空港南に到着しましたのですが、新しいデザインのハーモニーでした。ということは、最新鋭のバスかな!?

西鉄バス 桜島号

ハーモニーカラーも青空で見ると、素敵なデザインに思えてきました。それでは、乗車して車内設備をチェックしましょう。

西鉄バス 桜島号

今回利用した座席は9Aです。西鉄バス運行便の「桜島号」の座席は2列+2列の4列シート(運行会社によっては3列シートで運行)で、車内後部にトイレがあります。シートのデザインも落ち着いた印象で、カーテンもシンプルで好印象でした。今回利用した西鉄バスは各座席にUSBポートが付いており、フリーWi-Fiも利用できました。

西鉄バス 桜島号 座席

座席をリクライニングした状態です。座り心地は最新鋭のバスということで、とても快適でしたが、実は桜島号は以前は全便3列シートで運行されていたので、そのことを考えると、グレードダウンしたということです。

西鉄バス 桜島号 座席

シートピッチはこのような感じです。

西鉄バス 桜島号

座席には小さいですが、テーブルが設置されています。

西鉄バス 桜島号

USBポートはリクライニングレバーの横に設置されています。

西鉄バス 桜島号

ちなみに今回利用した西鉄バス、「桜島号」のガーラにはEDDSという安全装備も備わっており、快適で安心な高速バスの旅をサポートしてくれます。

西鉄バス 桜島号
「桜島号」は途中えびのパーキングエリアと北熊本サービスエリアで途中休憩がありますが、飲み物を買ったり、リフレッシュ出来たりと、高速バスならではの楽しみ方が出来ます。

西鉄バス 桜島号

西鉄バス 桜島号

ちなみに夜行バスで寝ることは苦手なのですが、お昼の高速バスで寝ることは得意なので、高速基山までほとんど寝ていました。乗り物でお昼寝ってなんでこんなに気持ちが良いのでしょうか。

西鉄バス 桜島号

3時間程の「桜島号」のバス旅も終わり、定刻の17:46に高速基山に到着しました。

西鉄バス 桜島号

まとめ

 西鉄バスの「桜島号」を鹿児島空港南から高速基山まで利用しましたが、隣に乗客がいなければ、4列シートでもかなり快適に過ごすことが出来ました。サービスの質としては3列シートから4列シートにダウングレードしていますので、今後乗客がどのように推移していくのか注目したいと思います。それにしても3時間以上乗れる高速バスってバス旅を満喫するにはもってこいですね。

 

2019年に乗車した、西鉄バスの「とよのくに号」の乗車記です。

www.bran-travel.com

 

奄美空港から鹿児島空港まで利用したスカイマーク、BC382便/SKY382便の搭乗レビューです。

www.bran-travel.com

高速バス「桜島号」に乗るために、鹿児島空港から鹿児島空港南まで歩いてみました。

www.bran-travel.com