bran-travel

時間があるときに、旅行の記録として飛行機、ホテル、街の紹介をしたいと思います。

シンガポール航空 SQ619便 ビジネスクラス 関西国際空港⇒シンガポール

 

概要

シンガポール航空のビジネスクラスはやはりサービスのレベルが高く、世界でもその評価が高い理由が理解できました。しかも今回は新型機のB787-10に搭乗でき、シンガポール航空が考える短距離路線向けの新しいビジネスクラスを満喫することが出来ました。新型機であるB787-10に新型のビジネスクラスを就航月に搭乗出来るなんて、本当に幸せな経験でした。

搭乗まで

心斎橋で前泊をし、OCATから空港リムジンバスで関西国際空港に向かいました。空港リムジンバスは必ず座れるので、旅行の際にはいつも重宝しています。関西国際空港までは渋滞もなく約50分で到着しました。到着後はチェックインと出国手続きを済ませ、ラウンジに向かいました。シンガポール航空の関西国際空港でのラウンジはJALのサクララウンジです。こちらで名物のJALカレーライスを少し食べました。

それでは、今回利用したシンガポール航空の新型機B787-10を間近で見るために、少し早めに搭乗ゲートに行きましょう。やはり新型機はカッコいいですね☆テンションが上がりました(笑)天気の良い日の飛行機は本当にきれいですね。

シンガポール航空 B787-10 ビジネスクラス SQ619 SQ618

機内の様子

写真を撮っていると、搭乗時間になりましたので、機内に入りましょう。こちらがシンガポール航空のB787-10のビジネスクラスです。これで短距離用と公式サイトには載っていますが、長距離用と言っても差支えのない仕様だと思います。確かにシンガポール航空の長距離用のビジネスクラスと比較すると、少しシート幅が狭いような気もしますが、個人的には全く気にならなかったです。とても良いシートだと思います。

シンガポール航空 B787-10 ビジネスクラス SQ619 SQ618
その他のシート周りの写真も少し撮ったので、紹介します。収納スペースです。シートの横の収納スペースは本当に便利です。コンセントやUSBポートの配置も良いですね。

シンガポール航空 B787-10 ビジネスクラス SQ619 SQ618
読書灯です。スイッチを押して使用します。分かりやすいボタン配置ですね。

シンガポール航空 B787-10 ビジネスクラス SQ619 SQ618
定刻に離陸し、しばらくすると食事の時間です。メニュー表はこのような感じです。

シンガポール航空 B787-10 ビジネスクラス SQ619 SQ618 機内食 メニュー
それでは、食事をいただきましょう。まずは前菜の前にアミューズとしてサテーです。初サテーでしたが、美味しかったです。

シンガポール航空 B787-10 ビジネスクラス SQ619 SQ618 機内食 サテー
続いて前菜です。シンガポール航空の食器類はどこか気品があって、センスも良く、上質な感じがします。

シンガポール航空 B787-10 ビジネスクラス SQ619 機内食
メイン料理の牛肉です。シンガポール航空の牛肉はレベルが高く、とても美味しかったです。

シンガポール航空 B787-10 ビジネスクラス SQ619 機内食
最後にデザートのアイスクリームです。

シンガポール航空 B787-10 ビジネスクラス SQ619 機内食 デザート
食事を楽しみ映画を観ていると、着陸態勢に入り、定刻にシンガポール、チャンギ国際空港に到着しました。もう少し新型機であるB787-10を楽しみたかったです。

シンガポールから関西国際空港までの帰国の際にもSQ618便、往路と同じく新型機であるB787-10を利用しました。フルフラットになる新しいビジネスクラスでの寝心地は良く、しっかりと休むこと出来ました。SQ618便の朝食はこのような感じです。

シンガポール航空 B787-10 ビジネスクラス SQ618 機内食 朝食
メインはオムレツにしました。往路の機内食ほど感動はなかったです。

シンガポール航空 B787-10 ビジネスクラス SQ618 機内食 朝食 オムレツ

まとめ

シンガポール航空の新型機B787-10はシンガポール航空の短距離ビジネスクラスに対する熱意を感じることが出来ました。正直、ここまでやる必要があるのかと思いましたが、実際に体験してみると、その良さがすぐに理解できました。良質なサービスと素晴らしいプロダクトはシンガポール航空の評価をさらに高めるに違いないと感じました。福岡からもB787-10でシンガポールに行けるので、ぜひ乗ってみたいです。