bran-travel

時間があるときに、旅行の記録として飛行機、ホテル、街の紹介をしたいと思います。

九州急行バス 高速バス 九州号 乗車記 博多バスターミナル⇒大波止

概要

福岡と長崎市内を約2時間で結んでいる高速バス「九州号」は九州急行バスによって運行されています。「九州号」の最大の特長は長崎市内から福岡の中心部である天神まで直接アクセスできることです。また、運行本数も20~30分間隔で出ており、待たずに乗れる点も強みです。今回は福岡を午前中に出発するスーパーノンストップ便に乗りましたが、新しい車両で乗り心地も良く、快適に移動することが出来ました。

乗り場案内&降車場所

福岡から九州号を利用する際には3つの乗り場があります。博多バスターミナル、西鉄天神高速バスターミナル、そして福岡空港国際線ターミナルです。

博多バスターミナルはJR博多駅から徒歩で1分の所にあるバスターミナルで、高速バスは3Fから出発します。博多バスターミナルにはお土産屋やレストランなどもあり、九州号に乗車するまでゆっくりと待つことが出来ます。博多駅で買い物や用事がある場合は博多バスターミナルがオススメです。

西鉄天神高速バスターミナルは九州を代表とするバスターミナルです。三越の3Fが西鉄天神高速バスターミナルで、アクセスも抜群です。バスターミナル内にはスターバックスやローソン、そして待合室があり、また女性には嬉しいパウダールームやフィッティングルームもあり、乗車までゆっくり、そして快適に高速バスを待つことが出来ます。

福岡空港国際線ターミナルは福岡空港から直接高速バスで長崎に行く場合にとても便利です。福岡空港の国際線ターミナルの1Fが高速バスの乗り場となっており、到着フロア内で高速バスの出発直前まで待つことが出来ます。長崎行きの九州号はノンストップ系統は福岡空港国際線ターミナルを経由しないので、こちらから乗車する場合は各停便のみとなります。

今回下車したバス停は大波止バス停です。大波止バス停は新地中華街やグラバー園に行く際には便利です。また、路面電車の大波止駅にもすぐ行けます。長崎に着いてから効率よく観光地に行くことが出来ます。

バス・座席の紹介

今回利用した九州号は座席が4列シート(一部3列シートもあるそうです)で、車内にトイレが付いており、各座席にコンセント(一部車両に)が付いています。スマートフォンの充電に非常に助かりますね。バス自体も新しい車両のようで、快適でした。外観のカラーリングに九州号と書いてあるので、すぐに分かります。

九州号 高速バス 長崎 福岡 乗車記

バスの車内に入りましょう。座席は2列+2列の4列シートです。座席の間にアームレストもあり、隣に乗客がいても快適に過ごせます。座り心地はとても良く、隣に人がいなかったので快適に過ごせました。オススメの座席は前輪と後輪の間の座席が揺れもなく快適だと思います。

九州号 座席 4列シート 長崎 福岡 高速バス

 シートピッチはこのような感じです。2時間程度の所要時間ですので、特に問題はなかったです。今回は乗車ドア側の座席を利用しましたが、運転席側よりもシートピッチが広いように感じました。

九州号 座席 4列シート 長崎 福岡 高速バス

前席とのシートピッチはこのような感じです。余裕があって、快適に過ごせました。

九州号 座席 4列シート 長崎 福岡 高速バス

車内の装備として携帯電話用のコンセントがありました。

九州号 座席 コンセント 長崎 福岡 高速バス

無料で利用できるwi-fiも装備(一部車両のみ)されていました。

九州号 座席 wi-fi 長崎 福岡 高速バス

ジャケット用のフックも装備されていました。

九州号 座席 4列シート 長崎 福岡 高速バス

特急かもめとの比較

  • 運賃は回数券やネット予約で購入した場合はそこまで値段に差はない。
  • 天神から長崎に行く際はは九州号、博多駅からは特急かもめが便利。
  • 乗り心地は主観ですが、九州号のほうが良かった。
  • 九州号は乗車バス停が少ないので、ゆっくりと車内で過ごせる。

www.bran-travel.com

まとめ

九州号の最大の特長は福岡の中心である天神から長崎の中心地である大波止までダイレクトにアクセスできる点です。天神から大波止まで渋滞もなく、2時間程で移動できる点は高速バスにしかない強みです。また、特急かもめと異なり途中のバス停がなく、コンセントや無料で利用できるwi-fiもあるので、ゆっくりと車内で過ごしたい方にもオススメです。スーパーノンストップ九州号、長崎に行く際にはぜひ利用してください。本当に便利で快適に移動出来ました。